Happy Days!


オットとイタチ(♂)と共に暮らす日々のこと、サーフィンのこと、小さな幸せの記録。 ふたりと2匹の福岡ライフ♪
by emiwo1205
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
  
☆お知らせ☆
記事に関係ない
トラックバックが大変
多いため、残念ながら
現在、トラックバックは
できない設定です。
ごめんなさい。



★エキサイトブログ以外リンク
海水こわい

福岡のはしっこでもそもそ
ゆ~みんStyle Dairy
高橋ユミ子のハートダイアリー
三十路の歩き方
犬と馬とのくらし(音あり)
HALの洗面器
以前の記事
最新のトラックバック
ヨガ
from ヨガスタイル
怪獣
from 慶’s
熱闘甲子園
from 慶’s
早実 初優勝!
from Meggy's Bar縲
電子レンジ
from 日用品etcの基礎用語・・・..
オージオビューティサロン
from オージオビューティサロン
キャーチ!ザ・バトン!!!
from ゆ〜みんStyle Dairy
梅干2006
from マダム昌代のおもに食べ物日記
福祉住環境コーディネータ..
from 福祉住環境コーディネータにな..
叩いてしまいました
from 慶’s
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

就職支援セミナーの講師

チョット前のことだけど、再就職支援のための
ビジネスマナーセミナーの講師のお仕事の依頼を頂き、
2日間のプランで、講師をさせていただきました。
就職難といわれて久しく、そのためにはどうすればいいか?
ということも、あれやこれやと、言われ続けていますが、
やはりこの手のセミナーは、今でも多いです。

しかし驚いた事に、セミナー主催の目的についての打ち合わせの際、
担当者の方から言われたのが、
「とにかくこのセミナーの期間に、なんでもいいから、
どこかに就職させるのが目標なんです」ということ。
企業に採用された人の「数」が、主催企業の実績となるので、
その人にあっていようがいまいが、とにかく受講者が一人でも多く
どこかに採用されるようにするのだと・・・。
だから、受講者が、求人に対して、えり好みをしたりしないように、
そして、企業からウケるためにはどうすればいいかを理解させるように
講義をして欲しいと・・・。

なんでもいいから就職・・・って、とりあえず就職さえ出来れば、
嫌な仕事でもガマンして、死ぬほど働かされたり、
滑稽なほどの効率重視でモノみたく扱われてもいい・・っていうことなのだろうか?
それを支援するセミナーって、何?と、なんだか、ムカついてしまいました。

私は、就職難の今だからこそ、立ち止まって自分をしっかりとみつめる術を
支援すべきだと思うのです。
自分がそれを好きで、それをコツコツと続けることが人のためにもなること・・・を
仕事にするのが、幸せへの道だと思うから。

企業が今求めるものは何か?とか
面接で受ける受け答えの方法は?
などということに血筋をあげたって、そんなモン、時代が変われば、
全部変わってしまいます。
そんなことで評価されて会社に入っても仕方ないよね。
そんな人ばかりが増えたら、ますますこの社会は、危ない方向へ
いってしまうような気がして、怖くなります。

私は、人への思いやりをベースにしたコミュニケーション能力を
身につけている人は、どこへ行っても「やっていける」と思う。
そして、そんな人が増えれば、もっとこの世の中は優しく穏やかに
なると思うのですが・・・。

セミナーでは、私なりに出来るだけ、そういうことを伝えてきました。
わかってくれて、すごくやる気になってくれた人がいてうれしかった。

少しずつ、私なりに、そういう思いを伝えて行きたいです。
[PR]

# by emiwo1205 | 2005-11-09 16:37 | ☆おシゴト

はなまるの「藤吉久美子」さん

平日・朝の長寿番組「はなまるマーケット」。
独身の時は、ほっとんど見たことなかったのだけど、
結婚してから、家事をしながら良く見ている・・・というか、
とっても好きです、ハイ。
料理や掃除の裏ワザとかの特集だと、メモを片手に
TVの前に座っていたりします・・・。

で、やっくんと岡江久美子さんのほかに、毎日、日替わりの
レギュラーが出てくるけど、その中でも私は、金曜日担当の
藤吉久美子さんが、すんご~い好き♪
自分のコーナーでみせる、「そ、そこまでやらんでも・・・」と
思わせる、サービス精神というか、体当たり精神というか。
ついつい、応援してしまいます。
時々、行き過ぎてハズしてしまったり、他のレギュラーの
失笑をかったりしちゃうところも、けなげでカワイイ。

いや~、不器用でかわいいなあ、
きっと、自分より年下なんだろうなあ、と思ってたら、
先日、他の番組に出ていて、なんと「44歳」と!
ワタシより4つも上!?
しかも、一人息子のお子さんは4歳ということは、
40歳で出産?!

親近感が増し、
さらに、藤吉サマのファンになったのでありました。
[PR]

# by emiwo1205 | 2005-11-09 15:13 | ☆日々のコト

わが師匠K先生

以前,
ブライダル司会者になるまでのところでも書いたのですが、
私が東京で、司会者としてデビューするまで、個人指導して下さった、師匠・K先生。
今でも何かあると、何かと相談させていただいているので、
ホント、文字通り「わが師匠」です。

以前は、女優としてドラマに出演されたり、NHKのキャスターとして
ご活躍されていたという、華やかな経歴をお持ちですが、
いつも気負いがなく、自然体な方です。

「プロ司会者に本当に大切なのは、技術じゃない、二人のことを思う誠意だ」という事を
いつもさりげなく、レッスンの中で話してくれました。
(レッスン自体では、「技術」をゴリゴリしごかれましたが・・・)
仕事をしていくうちには、当然、楽しい事ばかりじゃないことも出てくるわけですが、
そんなときでも、自分を支えてくれたのは、先生のそのさりげない、すり込み(?)でした。
どんなときでも、新郎新婦と向き合って、彼らに気持のフォーカスを合わせることこそ、
心がざわめく出来事に惑わされず、成功を生むコツだと思っています。

思うのですが、本当にプロの技術を持って、長い事、その仕事をしているすごい人ほど、
「テクニックより気持ち」と、言いますね。
もちろん「気持はあるけど、プロとしての仕事はイマイチ」では話になりませんが、
それは、時間をかけて誠意を持って、自分の技術を向上させればいい。
でも、仕事は出来ても、誠意のないヤツとは、皆、一緒に仕事したくないから、
結局、そういう人のところには仕事が来なくなるわけですよね。
一発で終わり。長続きしない。

今も現役司会者としてマイクを握りながら、自分の事務所の社長として、
司会者の育成にも努めている、わが師匠、K先生。
今でも、新郎新婦との打ち合わせでは、二人との話に夢中になって、
いつも時間を忘れて、楽しんでいるお茶目なヒトでもあります。

東京で、司会者をお探しの方、よろしければご相談下さいませ♪
[PR]

# by emiwo1205 | 2005-11-05 15:39 | ☆おシゴト

これから結婚される方にも、もう結婚されている方にも・・・

結婚を考えている方に、おすすめの絵本です。

しろいうさぎとくろいうさぎ
ガース・ウイリアムズ まつおか きょうこ / 福音館書店
スコア選択:



絵本の中で、白いウサギと黒いウサギは結婚するのですが、
結婚するまで・・・結婚を考える時・・・そして結婚した後、と、
移り変わっていく、ウサギの心模様と表情に、じーんとします。
特に結婚前に、黒いウサギが、毎日白いウサギと楽しく遊んでるのに、
ふと、切なくなってしまって、「これからもずっと一緒にいたい」と
願ってしまう気持ち・・・。この「せつなさ」は、
まだ絵本を読むようになったばかりの子供には分かりにくいと思うので、
そういう意味でもこの絵本は、
恋を知ってるオトナ向き・・・だと思います。

「結婚して幸せになる」ってことは、
結婚することで、何かに変わったり、何かになったりする事じゃなく、
ただひたすら「二人でいる事」なのだわ・・・と、改めて思わされます。

これから結婚するお二人への結婚祝いにも最適。
そして、すでに結婚されている方は、
自分の幸せをかみしめる事になると思いますよ♪

私達もずっとこの2匹のウサギのようでいたいわ~。
[PR]

# by emiwo1205 | 2005-11-04 22:22 | ☆おシゴト

ゆっくりと生きてゆきたい

a0055114_1716552.jpg

11月になって、そろそろ街のあちこちで
来年のカレンダーや手帳がたくさん売り出されてる。
新しい年の手帳を選ぶのって、とても楽しい。
真っ白なカレンダーを見ていると、ワクワクしてくるのだ。
特に最近は手帳ブームだそうで、いろんな効果(?)が
期待できそうな手帳がたくさん揃っているみたい。
私もさっそく、新しい手帳を新調した。

みんな、どんな手帳を、どんな風に使ってるのかな?

私の場合は、今の生活のポリシーとして、
できるだけ、のんびりと、ゆっくりと生きて生きたいと思っているので、
手帳を使うにあたっては、たくさんのことを詰めこんで、達成し、
効率的に毎日を過ごす・・・という目的は・・・ない。

効率的じゃなくていいと思ってるのに、ほんなら、なんで、
イッチョマエに手帳を必要かと自分に問うと、
のんびり、ゆっくりいきたいんだけど、ただボーッとしてるんじゃなく、
できるだけ自分らしく・・・は、生きていたいと思うので、
それを確かめながら進むために、手帳を使ってるという感じかと思う。
書いていると、時間やスケジュールだけじゃなく、心も整理されるので、
とても落ち着くし、ワクワクしてくるし・・・。
それによく、実現したいと思うことは、書いておくと現実になるというが、
それはホントだと、実感してる。

東京で、仕事・仕事・・・で過ごしていた頃は、とにかく速さと効率に
おいていかれないためにはどうしたらいいかを考え、行動し、
そうする事に疲れていても、それをやめるのは負け。
幸せになるために頑張らなくちゃ・・・・!
なんて思って、重いシステム手帳片手に、何かに追われるように
ソワソワと過ごしていたこともあった。

でも、少しライフスタイルを変えた今、思うのは、
世の中は高速で流れているけれど、その速さにのっていかないと
幸せじゃない・・・なんてことはないのだなあ・・・ということ。

世の中は、相変わらず混沌としていて、このままじゃいけない・・・と
思わされることばかり。
でも、どうすればいいかは、走らずに、時には立ち止まってみないと
わからないんじゃないかなー。
そんなこと言うと、日々走り続けているヒトからは、あきれられると思うけど。

とりあえず、今の自分にできることは、
自分自身のライフスタイルをしっかり持って、毎日を、心穏やかに過ごす事。
そして目の前の人に、愛情深く接する事。
そんなことから、何かが変わっていけばいいなあ~と思うのだ。
[PR]

# by emiwo1205 | 2005-11-04 15:37 | ☆日々のコト

自分を信じる力

今、河合隼雄さんと、よしもとばななさんの対談本、
「なるほどの対話」を読んでいます。
ユング派の第一人者の心理学者の河合先生が
よしもとばななさんと対話するとどんな感じになるのか
興味があって読み始めました。

まだ全部読んでないのですが、二人の発言が
実にリアルでおもしろく、
おもわず、うなずいたり笑ったりしながら読んでます。

ばななさんの発言で、
「人には普通、『自分の能力を疑う機能』がついていると思う」
という話があります。
普通は、何かやりたいことがあっても
「私には才能がないんじゃないかしら」とか、
「一生ウエイトレスだったらどうしよう」とか、思ってしまうものだと。
そういう機能が働くから、皆その時点でやめてしまうのだと。
でもばななさんは、小さい頃から何の根拠もないのに
「わたしは作家になる」と言っていて、一度もそれが揺らいだ事が
ないそうです。特に小さい頃から言葉に興味があるとか、
文学に興味があるとかじゃないのに、なぜか自分はそうなると
思っていたのだそう。
そこで、ばななさんが今までの自分を、自分なりにチェックしてみると、
ばななさんには、その「自分を疑う機能」を、さらに
「ガードする機能」が何十にもあって、そこまで考えるまでに
至らないようになっていたのだ・・・と思ったそうです。
その何十ものガードの一つは、「すごく強い思い込み」で、
また一つは、夢に向かっていろいろやってる途中で
身につけた「スキル」だったりする。
で、そのスキルを磨いているうちに「なんだ、やっぱだめじゃん」と
思っても、その他のガードが「いや、そんなことない、いける」と、
自分を説得してしまって・・・と、すごく面白い構造になっている、
と、いう話でした。

確かにそういうのってあるある~、と思いました。
私も、何の根拠もないですが、昔から、「運」だけは強くて、
その思い込みだけで、いくつもの夢をかなえてきたと思います。
でも、それって、自分のことだけ考えてたりじゃなく、
周りへの感謝の気持ちを忘れずに、きちんとまっすぐに頑張れていた時のみ。
邪心があったり、謙虚な気持を忘れていたときは、痛い目にあってたから・・・。
ガード機能の一つは「謙虚な気持」でもあるのかもしれません。

さて、うちは、ダーリンが、私に輪をかけて、
「ガード機能」=(自分を信じる力)が発達している方。
一緒に生活していると、ホント、アタシなんて全然ネガティブ・・・と
思わされます。
多分、彼は、根拠がない事でも夢を成し遂げるタイプでしょう。
ま、夫婦でそんなふうにおもっているところが、「バカップル」と
言われる所以でしょうか?

ともかく、「自分を信じる力」と「謙虚な気持ち」。
これを必ず、セットで持ち続けていたいです。
[PR]

# by emiwo1205 | 2005-11-03 11:02 | ☆本・映画

プロデューサーのMさん

福岡で、もっとも私が信頼を寄せているのが、
プロデューサーのMさん。

4人の母でありながら、仕事においても夢を追い、
いろんなことを忙しくされているのに、
いつもその様子は、完全「癒し系」。
トラブルなども「あら~、そう~、まあ~」などと言いながら、
いつもニコニコと、飄々と対処されてるご様子・・・。
うーん、さすがの貫禄・・・。
新郎新婦からはもちろん、周りで仕事をしている方々からの
信頼も絶大なのが、一緒に仕事をさせてもらっていても
よくわかります。

ご主人とも、夫婦漫才(?)をしているようにいいコンビなのです。
お仕事も、それぞれで事業を手がけていらっしゃるのだけど、
ひとつの事務所でされているので、お互い違うプロジェクトを
進行していても、いつも一緒。
私が打ち合わせに伺っても、ご主人が笑顔で迎えてくださったり、
お茶を用意してくださったり(Mさんが、そう仕向けている感もあるが・・)
とにかく、うらやましいご夫婦です。

私が新婦だったら、そして、式を挙げるについて、
右も左も分からない状態だったら、
Mサンみたいな人に巡り合っていたら、幸せだろうなあ~と思います。
だって、ブライダル業界に詳しい花嫁なんて、フツウはあまりいないから、
皆、分からないことだらけ。
直接、式を挙げたいホテルに行って説明を受けても、いつも頭の中に、
「でも、これ、ぶっちゃけ、ホントのところ、どうなのよ?」っていうのが
あると思うのです。
そんな新郎新婦の相談に「ぶっちゃけ」で、答えてくれるのがMさん。

私も、Mさんみたいなやさしくて強い女性、目指します!
[PR]

# by emiwo1205 | 2005-11-02 12:02 | ☆おシゴト

ブライダル司会者になるまで

よく「どうやって結婚式の司会者になったの?」と聞かれます。
テレビやラジオのアナウンサーだった・・というなら、なんとなくわかるけど、
そういう経歴がない私のような人の場合、やっぱりそう思われますよね。

初めて就職したのは、フツウの企業にOLとして・・・でした。
会社員として働きながら、いろんなことに挑戦してきましたが、
あるとき、今も結婚式のプロ司会者として活躍している、私の「師匠」に
出会った事が、私が司会のプロを目指そうと思ったきっかけでした。
毎週、師匠の個人レッスンを受け、自分でも勉強して、練習して、
事務所のオーディションを受けて合格。現場の見学や、模擬披露宴の司会などを
経て、デビューしました。
・・・と、書くとずいぶん順調なようですが、デビューまでの間はもちろん、
デビューしてからも何度もへこんだり、落ち込んだりしながらの道のりでした。
自分の実力のなさに、悩んだことも数え切れず・・・。

でも、どんなときも、当日の新郎新婦の幸せ一杯の表情、
ご両親や、育ててくださった方、友人や、大切な人たちの喜ぶ様子、
そして感激の涙・・・そんな姿を見ると、人間のこんな幸せな姿に出会えるなら、
あるいは、そんな姿を引き出すお手伝いが出来るなら、そのための
自分のスキルも磨こう・・・と、心に誓っている自分がいるのです。

司会者になりたくて、努力してきたつもりですが、
本当に必要なことは、ご縁があった、たくさんの新郎新婦との出会いによって
身につけてきているような気がします。
[PR]

# by emiwo1205 | 2005-10-31 13:58 | ☆おシゴト

モーニングマグ

実はワタクシ、隠れムーミンファン・・・って、別に「隠れ」る必要は無いのだけど、
ようするに、食器や小物など身の周りのものににキャラクターものを取り入れるのは
あまり好きではないということデス。(歳も歳だしネエ・・・あなた・・)
でも、このマグカップは、雑誌で見かけてひとめ惚れしてしまいました。
a0055114_13421413.jpg

キャラクターではあるけれど、もの自体は、フィンランドの
ARABIAの食器なので、とても高品質。
他にも、もちろん主役のムーミンやスナフキンなどの人気キャラの柄があるのだけど、
やっぱり、ここはムーミン谷のおしどり夫婦、ムーミンパパとムーミンママでしょう!
「ホシイな~・・でもカップはウチに色々あるしな~・・・マグの割りに高いしな~・・・」
などと、くどくど悩んでいたら、ダーリンが買ってくれました!
毎朝、うっとしりながらコーヒータイムを楽しんでいます。
[PR]

# by emiwo1205 | 2005-10-31 13:43 | ☆日々のコト

今日からスタート♪

はじめまして♪

福岡で、おもに、結婚式・披露宴の司会者として、
幸せなお二人のお手伝いをさせていただいています。
また、企業で接遇マナーやビジネスマナーの講師を
していた経験から、コミュニケーションの分野における
トレーナーとしての活動もしております。
日常的には、散歩と甘いモノが大好きな、ノンキものです♪

東京生まれの東京育ちですが、結婚を機に、オットと二人、
福岡での、新生活をスタートさせました。
東京にはない、豊かな自然・歴史・食、そして、情に厚い博多っ子の人々との
出会いなどに恵まれ、今はスッカリ福岡通(・・・・?)。
時々、ヘンな博多弁(自分ではケッコウうまいと思ってる・・)を話しながら、
心地よく暮らしています。

「結婚」については、人それぞれ、いろんな考え方があって、
何が正しいとか、間違ってるとかはないと思います。
月並みですが、まさに人それぞれ。
個人的には、「人に言われたから・・・」じゃなく、
「自分がどうしたいか?」さえ、しっかり分かっていれば、
結婚する年齢も、早かろうと遅かろうと、関係ないなあ・・と思っています。

かく言う私も、結婚したのは一般的には遅いといわれる30代後半。
確かに、ずいぶんと、お仕事・命(?)だったときもありましたが、
いつも結婚はしたいと思っていたし、どんなときも、なぜか漠然と、
「必ずいつか、誰よりも大好きなヒトに巡り合って結婚する・・・と思っていました。
で、ホントに、あるときそんな人に巡り合い、結婚しました。

結婚してみて思ったのは・・・
独身のときも、楽しかったけど、結婚してからはもっと楽しい!ということデス。
もちろん、長い人生、いつも楽しいことばかりが起こるわけではないわけですし、
結婚したからこそ起こるトラブルだってあるわけですが、そんなときも、
何はなくても「二人でいること」が、幸せだったりするのです。
一人のときとは全く違った幸せを、日々、感じて暮らしています。

大好きなヒトと暮らすという事、
そしてそれをずーっと続けていくという事・・・・それを、
自分の周りの大切な人たちに宣言する「結婚式」を挙げるお二人を、
私は、心をこめてお祝いし、そのお手伝いをしたいと思います。

また反対に、年齢や、形ばかりの古い結婚観にとらわれず、
自分のしたいこと、なりたい姿に向かって、常に「今」を楽しみ、
時には悩み、時には立ち止まったりしながら、前へ進もう・・・とする人と
一緒にガンバっていきたいと思っています。

お金は必要だけど、もっと大切な事がある。
たとえば、好きな人・大切な人と過ごす時間、
たとえば、自分をみつめるために立ち止まる勇気、
たとえば、自分の関係者だけではなく、違う世界にいる人たちの
ことも考え、その幸せを願う気持ち。
そんなものを大切にしながら、
フツーの日常を、楽しく丁寧に暮らしていくスタイルを目指し、
ゆっくりと生きていたいです。

あなたもわたしも、Happy Days!
そんな思いを込めて、毎日のこと、書いていきたいと思っています。
[PR]

# by emiwo1205 | 2005-10-31 11:14 | ☆日々のコト